(C) 2019 TOMITA CHIYAKO TOKYO OFFICE

話す

SPEAK

16年間の在宅介護の経験を、さまざまな人にお伝えしています。

医療的ケアが必要な子どもを介護しながら仕事をするためには、多くの専門職のサポートとちょっとした工夫が必要でした。仕事との両立を目指す人には、時間の使い方から介護と両立させるために必要なノウハウをご紹介。医療や福祉を学ぶ学生には、在宅介護と向き合う家族を支えるために必要な心構えなどを、お話しいたします。

ライタースクールでの講演

ライタースクールでは、医療・福祉・教育・ボランティアが連携して医療的ケア児を支えている在宅介護の現実と報道の現状について、講義を行っています。

ラジオでの出演

医療的ケアが必要な重い障害のある子どもと家族を支えるための制度の必要性について、これまでにのべ1000人に講演。TBSラジオなどのメディアに取り上げられたこともあります。